AGAの症状が進行してしまうまえに早めのフィナロイド

AGAとは男性型脱毛症のことで、脱毛の進行には様々なパターンがあるのが特徴です。
AGAの進行には代表的な3種類のパターンがあります。

一つはA字型と呼ばれるパターンです。

特徴は前頭部の生え際からAの字のように後退して行き、頭頂部まで薄毛が広がるパターンで、上から見ると残った髪の毛がU字型にも見えるので、U字型とも呼ばれています。

A字型は東洋人に多いパターンで、最初のうちは髪型で隠しごまかすことが出来ますが、早めに気付き対策を取らないと、元に戻すのが難しくなるほど進行していきます。

もう一つは左右の前頭部から進行していく、M字型パターンです。

左右の額の生え際から剃りこみを入れたような形で薄毛が進行し、正面から見るとM字型になっているのが特徴です。

西洋人に多いパターンで、このパターンに合った育毛剤や治療法などを選ばないと、改善することが難しいとも言われています。

そしてもう一つのパターンはO字型と呼ばれる、ちょうど頭のてっぺんから薄毛が進行していくパターンです。

つむじを中心にOの字の形で進行していくので、本人が気付きにくく、人から言われて初めて気付くこともあります。
O字型が進行する原因は頭皮の血行不良だと言われており、生活習慣を見直すことで改善が期待できます。

この3つのパターンは進行すると薄毛が全体的に広がり、最終的には側頭部と後頭部にしか髪が残らない形になるのが特徴です。

A字型、M字型、O字型の3つが代表的な進行パターンですが、複合型と呼ばれるパターンもあります。

複合型はA字型と同時にO字型が進行して行くパターンや、M字型と同時にO字型が進行して行くパターンです。
最終的には3つのパターンと同様に、側頭部と後頭部の髪しか残らなくなってしまいます。

AGAは放っておくと進行して行き、進行がかなり進んでしまうと治療が困難になってしまうので、専門のクリニックを受診したり、フィナロイドなどのAGA治療薬で個人治療を行うなど早めの対策が必要です。

自分がどのパターンに当てはまるかを見極めてから、そのパターンに合った治療法を選択しましょう。