AGAの進行を遅らせるなら食事内容と摂り方を見直そう

AGAは、男性ホルモンの働きによってヘアサイクルが乱れてしまうことで進行する脱毛症のことです。
ですから、男性ホルモンの過剰な働きを抑えることができれば、進行を遅らせるのに役立ちます。

フィナロイドの主成分であるフィナステリドには、この男性ホルモンの働きによってヘアサイクルが乱れてしまうのを抑制する効果があるのでAGAの進行や症状を改善してくれるわけです。

また、男性ホルモンが過剰に働くのを抑えるために普段の生活の中で実践できることの1つとして、食事の取り方や内容に気をつけることが挙げられます。

食事の時間が不規則だったり、栄養が偏っていたりといった不摂生をしていると、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンがたくさん分泌されやすくなってしまいます。

ですから、規則正しい時間に栄養バランスの良い食事を取るようにすることが大切なのです。

男性ホルモンの過剰分泌を抑える目的以外でも、食事について見直すことは、AGA改善に有効に働きます。

私達の身体は、食べたものから得た栄養でできています。
もちろん、髪も例外ではありません。

つまり、髪を作るために必要な栄養が満ちていれば元気な髪が生えてきやすく、不足していれば髪が弱々しくなると考えられる訳です。

弱々しい毛よりも元気な毛のほうが抜けにくいのは言うまでもありませんから、しっかりと食事から栄養を摂取しておくことが重要なのです。

具体的には、まず、タンパク質が豊富に含まれている食材をよく食べるようにしましょう。
ケラチンというタンパク質が髪の原料となっているからです。

また、合わせてリジンも積極的に摂取してください。
タンパク質を合成するのをリジンが助けてくれるからです。

タンパク質とリジンは、共に、肉類や魚介類、乳製品や大豆製品などにたっぷり含まれていますので、料理をする際にはこれらの食材を使うことを意識してみるといいでしょう。

他にも、ビタミンB1、B2、B6、B12などのビタミンB群や亜鉛、ビタミンCなどもタンパク質の合成に役立つ成分として知られていますし、大豆イソフラボンは男性ホルモンの働きを抑えるのに役立つ成分として知られています。

これらの成分も適宜、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。