AGAとはどのような病気ですか?

AGAは「AndrogeneticAlopecia」のことで、日本語に訳すと男性型脱毛症という意味になります。

男性型脱毛症という言葉の通り、男性に多く見られる薄毛の症状であり、男性の薄毛の大部分はこのタイプに分類されます。

ただし、最近では女性の中にも男性型脱毛症の症状に悩んでいる人が増えてきています。
女性が患う男性型脱毛症を特に「F(Female)AGA」と呼ぶこともあります。

AGAによる薄毛は脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞の中で増加することによって引き起こされます。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合することによって形を変えたもので、毛乳頭の中でDHTの濃度が高くなると毛母細胞の働きが弱まり、細胞分裂の回数が減少してしまいます。

これによって発毛が十分に行われなくなり、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

自分が男性型の脱毛症かどうかというのは初期の段階では判断することが難しく、「なんだか抜け毛が増えたかなぁ」と、感じる程度です。

しかし、そのまま放っておくと徐々に症状が進行していって、特に額の部分や頭頂部の部分の抜け毛が増えるのが特徴です。

いわゆるM字ハゲやO字ハゲと呼ばれる症状です。

このようにAGAによる薄毛は進行するので、ハゲにならないためには早い段階で対策を行うことが必要です。
主な対策としては育毛剤を使用したり、育毛専門のクリニックで治療を受けるといった方法があります。

また、フィナロイドやミノキシジルタブレットなどのAGA治療薬を個人輸入代行を使って購入し、クリニックなどを介さずに個人で治療するという方法もあります。

生活習慣を見直して体質改善を行うことも薄毛対策には効果的です。

たとえば食生活の乱れは髪の毛に悪い影響を与えるので栄養のバランスを考えた食生活に改善することが重要ですし、タバコは血管を収縮させて血流を悪化させるので髪の毛のことを本気で考えればキッパリとやめてしまうべきです。

さらに、生活の中に運動を取り入れることは血流を改善したりストレスを解消するので症状改善に効果があります。